農業アイドル大本萌景(ほのか)に彼氏がいた!親しい友人は彼氏だった!




昨年3月に農業アイドル『愛の葉girls』のメンバーだった大本萌景さんが、『パワハラ』や『過重労働』を理由に命を絶ってからもう1年が経過しようとしています。

大本ほのかさんの死後、遺族が大本ほのかさんが所属していた事務所『Hプロジェクト』に約9200万円の損害賠償を求めて現在も裁判が進行されている中で新たな事実が発覚しました。

大本ほのかさんには当時交際していた彼氏が存在していたのです!!

その彼氏の証言が今後どのように裁判に影響してくるのか?

彼氏が明かした真相は?

大本ほのかさんの彼氏の年齢や一般人であるのか

とても気になったので調べた内容をまとめさせて頂きました。

大本ほのかさんが彼氏に相談していた内容とは?

大本ほのかさんが当時交際していた彼氏の生前相談していた内容を裁判で彼氏が証言しました。

私はこの裁判は事務所の言い分と母親の言い分と見てきましたが、大本ほのかさんの私生活や母親の状態から事務所のパワハラは無かったという線が濃厚かなと思っていたのですが、彼氏の証言によって大きく見方が変わりました。

そこで、大本ほのかさん彼氏についてまとめさせていただきます。

大本ほのかの彼氏は一般人

大本ほのかさんの彼氏の年齢は、当時16歳だったと思われます。

『 一緒に同じ高校に進学する約束をしていた』

この約束から当時同じ大本さんが通う学校の同級生とみていいかと思います。

命を絶つ前日に彼氏の家でお泊りをしていた

大本ほのかさんが命を絶つ前日に、当時交際していた彼氏の家に泊まっていた新たな真実が発覚しました。

当初は亡くなる前日親しい友人と過ごしていたと報道されていましたが、実は親しい友人とは彼氏のことだったのです。

アイドルですからこんな軽々しくお泊りして大丈夫なのだろうか?

と疑問が残るところもありますが、彼氏の母親とも大本ほのかさんは仲が良かったようです。

丁度、そのお泊りをした日は彼氏と大本ほのかさんが進学を希望する高校の説明会の前日だったようで、翌日彼氏と高校の説明会に行くはずだったはずです。

:

すが、事務所から進学費12万を援助すると話を撤回され、アイドルをやめるなら “辞めるなら1億円払え” と事務所に言われたとほのかさんが彼氏と彼氏の母親に話していてかなり落ち込んだ様子だったと彼氏は証言しました。

結局、高校の進学を諦めた大本ほのかさんは、お泊りの翌日彼氏と高校の説明会には行かず自宅に戻りました。

進学を夢見た彼女がいかに悔しかっただろうと胸が痛みます。

学業に専念したい理由は彼氏の存在

若くて純粋な女の子が、
『 一緒に同じ高校に進学する 』と彼氏と約束を交わした。

この二人で交わした約束を彼女はどうしても叶えたかったと思います。

事務所に学業に専念したいと訴えても応じてもらえず、1日、10時間という”過重労働”を課せられ16歳の彼女にとってはもう限界だったのではないだろうか?

進学の夢が壊れ、 “辞めるなら1億円払え” という事務所の言葉でアイドルも辞められない…。

彼女の無念な想いを彼氏は汲み取り、若い彼が裁判で証言をした勇気に心打たれました。

彼氏の証言によって裁判の行方を予想

彼氏の証言は具体的で、嘘をつく理由もない事から信頼性がある。

があると親族の弁護側は主張しています。

最初は、母親が金銭目的で裁判を起こしたのはないか?

と疑問を持った方は多いのではないでしょうか。

私は今回の彼氏の証言によって、母親の主張、事務所側の主張共に見方が変わりました。

大本ほのかさんが勇逸頼っていた存在であろう彼氏が、大本さんから事務所とのトラブルについて相談されていた内容が今後も続々出てくる事が予想されます。

彼氏の証言は今後の裁判の行方を大きく左右する存在になることは間違いないでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。